ディシディア ファイナルファンタジー オペラオムニアのリリースが決定しましたが、そもそもディシディアとは何なのかおさらいしていきます。

ディシディア ファイナルファンタジーとは?

2008年に発売されたPSP専用のアクションゲーム。開発はキングダムハーツシリーズを手掛けた野村哲也。ファイナルファンタジーシリーズに登場した歴代のキャラクターを操作する1対1のアクションゲーム。ファイナルファンタジーシリーズ誕生20周年を記念して制作された。

ストーリー

光と闇の双方の神々によって異世界から償還されたキャラクターたちが両陣営に分かれて戦う。舞台は本作のキャラ調和の神「コスモス」と混沌の神「カオス」が幾千年も争い続けてきた世界。プレイヤーは光の陣営の10人の戦士となりカオスを倒すまでを描いている。ディシディアとは、ラテン語やギリシア語で「異説」をいみする名詞「dissidium」の複数形。

ゲーム内容

先頭部分はキングダムハーツシリーズの発展型。ボタンひとつで壁や柱を自在に駆け上がることができ、3Dを生かした360度の空間を使った空中アクションが可能となる。またキャラクターは簡単に扱えるキャラと玄人向けキャラにわけられており簡単にプレイできる。

キャラクターひとりひとりにシナリオが用意されているため、思い入れのあるキャラクターを育成するなどの楽しみかたができる。ちなみに私はⅨ推し!

キャラクターカスタマイズ

キャラクターはRPG的な育成システムに比重が置かれたレベル制。と同時に様々な装備品を装備できる。またアビリティの付け替えも可能です。召喚石と呼ばれる石を持たせるとバトル中に召喚獣を1回召喚することができる。

clipimage_05

まとめ

キングダムハーツのような簡単なアクションゲームになっているためゲームが苦手な小中学生にも受けたんだと思います。